NY市の動物シェルター(Animal Care&Control)でのボランティア日誌


by NYshelter
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ボランティアのお仕事( 12 )

ボランティアの活動再開

久しぶりにボランティア活動を再開。

仕事も忙しなりそして引越してから、ますますシェルターからは遠のいてしまったが、週末のイベントはマンハッタンの中で開催される事もあるので、取りあえず近くで行われたAdoptionイベントに参加。

本日のは、”Pound Puppies Adoption Event” といってPound Puppiesというおもちゃ屋が犬の人形をたくさん寄付してくれたので、それにちなんで子犬と子猫だけをシェルターから連れてきた。
おもちゃも無料で配ったりする。

イベントの場所はリンカーンセンター近くの小さい広場で、ファーマーズマーケットも開かれ買い物客がたくさん通るところだ。
場所柄、比較的裕福な家族も住んでたりするので、イベントを行うにはもってこいの場所だ。


結果、大盛況!

動物たちのケージがある大型バスには長蛇の列。
子犬ちゃん、子猫ちゃんたちの半分は4時間弱のイベントでAdoptionされていった。

その時に都合が悪くて申し込みできなかった人たちも、シェルターに直接行くからと帰っていった。


今日から新しいお家に迎えれられた子達、今夜はゆっくり眠れるね。

そして、また新しい家族に出会えてない子達にも、早く暖かいお家が見つかりますように。

a0085591_1193015.jpg

[PR]
by nyshelter | 2007-11-11 11:11 | ボランティアのお仕事
日曜はミッドタウン(36th St@2nd Ave)でオフサイト Adoptionイベントでした。

今回はNorthShore Animal Shelterから大きな専用バスを借りて、ワンばかり7,8匹でやってきた。
いつもはネコちゃんもいるんだけど、何故か今回はワンばかり。

ある女性がネコ用ケージを持ってAdoptしようと来てくれたのに、今日に限ってニャンは無し。
残念そうでした...。

今日はほんとうにカワイイのばっかでした。

ほら!
a0085591_127461.jpg

a0085591_1282079.jpg
3ヶ月のラブラドールのPuppy。
後片付けしてバスもCloseする最後の最後にあるファミリーがAdoptしようかどうか話していたけど、見届けなかったのでどうなったのか不明。
どのみちこの子はすぐにAdoptされるでしょう。


この子は素晴らしくハンサムな1歳の男の子。
ゴールデンのMixとの事。
しかも1歳とは思えないくらい落ち着いていて、しかもとてもSweet。
この子をもらうお家はとてもHappyになると思います。
a0085591_12154490.jpg
a0085591_12155761.jpg



若いChinese系のカップルが、ちょうど私が連れていたTazというRotweierのMIXの1歳の男の子を捜しにやってきました。
なんと下見をして決めていて、今日110thのシェルターに行ったけどいなかったので、ミッドタウンまで追って来たそうな。
良かったね、Taz。きっとこれがあなたたちの運命の出会いだったんだね。
Tazもその若いカップルもとても嬉しそうだった。


今日は3匹(もしかしたら4匹)Adoptされました。
みんな今日からは新しいおうちだね。
いっぱいかわいがってもらいなね。

------------------------------

【里親さん募集コーナー】
(Japan-Cat)
a0085591_9522273.gif名前:リキ
性別:男の子
年齢:子猫
詳細はこちらの日記で。片目のリキの幸せ探し

(NY-Dog)
a0085591_1030332.jpg名前:Brandy
性別:女の子
年齢:2-3歳
犬種:アメリカンピットブルテリア
色:ダークグレーのBrindleで、胸が白
体重:40パウンドほど
健康状態:優良、予防注射全て受けていて、去勢済み。

性格:とにかく人間が大好きで、初めて会った人でも全く恥ずかしがったり、怖がったりしません。人間なら男の人でも女の人でも誰でも大好きで、人間と一日一緒に居て遊んだり、甘えていたいタイプ。とても頭が良く、Obedienceのクラスでも、いつも訓練士が見本に使っていました。基本的な指示はしっかり出来ます。Gentle Leaderでハンドラーに沿って歩くこともしっかり出来ます。猫が苦手なので、猫と暮らすことは難しそうです。他の犬には興味なく、どちらかといえば苦手な方ですが、相手の犬が大人しかったり、フレンドリーだったりした場合は問題ありません。相手の犬が興奮しやすかったり、落ち着きがないようなら、Brandyも苦手なようです。10代後半の子供達なら全く問題はないとは思いますが、あまりに小さい子供は刺激が強いので、一緒に暮らすことは薦められません。
彼女は現在Woodbury Common Outletの近くにある、Colby Kennels/Canine Sanctuaryというところに居ます。http://www.thecaninesanctuary.com/index.html
Adoption Hoursならいつでも会いにいけます。

連絡は、Colby Kennels (845-534-8414 / http://www.thecaninesanctuary.com) 
又は Maho at 201-460-1464

------------------------------



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
- 捨てられた動物たちが新しい家族に出会えるように
- 皆さんに彼らの事を知ってもらえるように

これが、このブログの目的です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

注意:上記のAdoption対象のワンちゃんネコちゃんについては、直接ケアをしている方に性格や注意事項を必ず確認の上、ご自身の判断でAdoptionをお決めください。
尚、本Blogでの情報に関する損害、事故については一切責任を負いかねますので、ご了承下さい。

[PR]
by nyshelter | 2006-12-11 12:01 | ボランティアのお仕事

Adoptionイベント @AC&C

E110th StreetにNYC Animal Care&Controlはある。
知ってる人は知っているが、何気に知らない人は多いらしい。

だからかどうかわからないけど、今週末は当館でAdoptionイベントが行われた。
いつでもAdoptionは開放してるのだけど、多分プロモーションなのかなぁ。

私は土曜日の12PMから行った。
すでにたくさんのボランティアとたくさんの来訪者たち。
実はボランティアとして週末来たのは始めてなので、こんなに盛況なのは特別なイベントのためかいつもそうなのかわからない。

平日には(多分偶然)あまり見ないカワイイ小型犬もいっぱいいたりなんかする。
あれれ?こんなにいつもはいないのになぁ。
やたらきれいですごくハンサムなコッカースパニエルなんかもいた。
どうしちゃったんだろう...と思うまもなくAdoptされていった。

1匹のパピヨンがいて、知ったボランティアに歩かせてもらっていた。
その横を別のワンが通ったら、すごく吠え出して、近くにいた私のスネをガブ!
普通に買われている犬もかなりな確立でDog Aggressive(他の犬に対して攻撃的)な事が多いが、ここのワンもたまにそうだったりする。
ただこのような小型犬は例えそういう問題があってもAdoptされる率も高いし大怪我させる大問題にもならないので、ここではAdoptionの対象にしてるようだ。
でも中型大型犬だったらまず処分されてしまうのだ。

スネは内出血の塊ができていた。
まあ、こんなことは実はボランティア中でもプライベートでもよくあったりするので、どうってことも無いんですけどね。


いい事なんだけどあまりにもボランティアが多いので、ワンを散歩させる場所がない。
なので、’Adopt Me!’のベストを着せて、始めて外に散歩に行った。

ワンたちは最初は大興奮で引っ張りまくる。
あまりにも元気なワンとはしばらく一緒に走ったりもした。 (>>>ちょっと汗だく)
それでも数ブロック一緒にいた後は、すっかり落ち着いて普通に本当に普通の飼い犬みたいに歩く。

「そうだよ。この子たちはちょっと前まで普通にこうやって飼われていたはずなんだよ。」と思ったら、また悲しくなってきてしまった。

グスグスしていると、「その犬咬まない?」と聞いてきたご近所な若い男性。
「Adoption対象な犬はみんなチェック済みだから大丈夫。それにこの子はものすごくSweetだよ。」と答えた。
本当に人間大好きなRachelという中型のその子は嬉しそうにその男性に寄って行って頭をなででもらっていた。

「うちの母ちゃんが怖いからイヤだっていうんだよねー。僕は飼いたいんだけど。」と言う。
「ちいさいのもいっぱいますよ。それにこの子みたいだったらすごくgentleで扱いやすいと思う。飼う段階になったら是非そこのAdoptionセンターに行ってね。」と私。
「うん、絶対そうする。」


走ったりしてパワーを使い果たしてしまったので、予定より早く切り上げた。
下のロビーを通ると、Adoptionの申し込みのために長い列ができていた。

嬉しかった。


------------------------------

【里親さん募集コーナー】
(Japan-Cat)
a0085591_9522273.gif名前:リキ
性別:男の子
年齢:子猫
詳細はこちらの日記で。片目のリキの幸せ探し

(NY-Dog)
a0085591_1030332.jpg名前:Brandy
性別:女の子
年齢:2-3歳
犬種:アメリカンピットブルテリア
色:ダークグレーのBrindleで、胸が白
体重:40パウンドほど
健康状態:優良、予防注射全て受けていて、去勢済み。

性格:とにかく人間が大好きで、初めて会った人でも全く恥ずかしがったり、怖がったりしません。人間なら男の人でも女の人でも誰でも大好きで、人間と一日一緒に居て遊んだり、甘えていたいタイプ。とても頭が良く、Obedienceのクラスでも、いつも訓練士が見本に使っていました。基本的な指示はしっかり出来ます。Gentle Leaderでハンドラーに沿って歩くこともしっかり出来ます。猫が苦手なので、猫と暮らすことは難しそうです。他の犬には興味なく、どちらかといえば苦手な方ですが、相手の犬が大人しかったり、フレンドリーだったりした場合は問題ありません。相手の犬が興奮しやすかったり、落ち着きがないようなら、Brandyも苦手なようです。10代後半の子供達なら全く問題はないとは思いますが、あまりに小さい子供は刺激が強いので、一緒に暮らすことは薦められません。
彼女は現在Woodbury Common Outletの近くにある、Colby Kennels/Canine Sanctuaryというところに居ます。http://www.thecaninesanctuary.com/index.html
Adoption Hoursならいつでも会いにいけます。

連絡は、Colby Kennels (845-534-8414 / http://www.thecaninesanctuary.com) 
又は Maho at 201-460-1464

------------------------------



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
- 捨てられた動物たちが新しい家族に出会えるように
- 皆さんに彼らの事を知ってもらえるように

これが、このブログの目的です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

注意:上記のAdoption対象のワンちゃんネコちゃんについては、直接ケアをしている方に性格や注意事項を必ず確認の上、ご自身の判断でAdoptionをお決めください。
尚、本Blogでの情報に関する損害、事故については一切責任を負いかねますので、ご了承下さい。

[PR]
by nyshelter | 2006-11-27 11:50 | ボランティアのお仕事

現場目撃

●Featuring Dog●
AC&CのAdoption対象のワンちゃんです。
a0085591_10265633.jpg
Name :LITA ♀
Breed :Labrador Retriever MIX
Age  :4 yrs
Animal No:A684545
11/10現在、AC&CのマンハッタンShelterにいます。
詳細はNYC AC&Cで。Animal Noで問い合わせて下さい。


a0085591_10315239.jpg

Name :PRETTY ♀
Breed :CHIHUAHUA MIX
Age  :2 yrs
Animal No:A684764
11/10現在、AC&CのマンハッタンShelterにいます。
詳細はNYC AC&Cで。Animal Noで問い合わせて下さい。

------------------------------

金曜にワンたちを歩きにシェルターに行った。

午前中にいったので、どのワンもまだ外に出してもらえなかった。

できるだけ多く出してあげたかったのでいつも1匹15分くらいかけるけど、今日は10分ぐらいにした。
3時間半くらい歩いただろうか、結構ヘトヘトになってきた。
そんな時に、とぉーーーってもウザいボランティアの一人とちょっとした言い合いになり(これについてはまた後日報告いたします)、メンタル的にも疲れてきたので、この日は終わりにした。

タイムカードを押してロビーに来ると、1匹のピットブルがAC&Cの職員の手にリーシュが持たれ、その隣でBlackの母親、子供(3歳くらい)、おばあちゃんの3人がいた。
母親は泣きながらティッシュで顔を拭いていた。

「いいね?もう連れていくよ。」と職員の男性。
泣きながら静かにうなづくその若い母親のもとに戻ろうと、白いピットブルは一生懸命とどまろうとする。
でも職員はついに関係者以外立ち入り禁止のドアの向こうに、そのピットを連れて行ってしまった。

あぁ、まただよ。
この捨てる人たちと捨てられるワンのコンビネーション...。

ウチのIndyをAdoptしに行った時もまるっきりおんなじ光景をロビーで見た。
その時は男で2匹のピットブルを連れてきていた。

もー、金が無いのならペットなんて飼うな!
ペットを含めた人生設計なんて飼う前も飼った後もどうせしてないんでしょ?
そうだよね、自分自身の事さえ計画できない人たち、まだまだいっぱいいるもんね、あなたたちのコミュニティー。

人種差別じゃないの、そういう表現?! なんて言いたい人はご自由にどうぞ。
だって、それはまぎれもない事実なんだもん。

Strayのピット捕獲する前にコイツら捕獲してほしいもんだわ、まったく。


と、この日は一層どんよりしてシェルターを去ったのであった。
ボランティア始めて、最悪の日だったかもしれない。


------------------------------

【里親さん募集コーナー】
(Japan-Cat)
a0085591_9522273.gif名前:リキ
性別:男の子
年齢:子猫
詳細はこちらの日記で。片目のリキの幸せ探し

(NY-Dog)
a0085591_1030332.jpg名前:Brandy
性別:女の子
年齢:2-3歳
犬種:アメリカンピットブルテリア
色:ダークグレーのBrindleで、胸が白
体重:40パウンドほど
健康状態:優良、予防注射全て受けていて、去勢済み。

性格:とにかく人間が大好きで、初めて会った人でも全く恥ずかしがったり、怖がったりしません。人間なら男の人でも女の人でも誰でも大好きで、人間と一日一緒に居て遊んだり、甘えていたいタイプ。とても頭が良く、Obedienceのクラスでも、いつも訓練士が見本に使っていました。基本的な指示はしっかり出来ます。Gentle Leaderでハンドラーに沿って歩くこともしっかり出来ます。猫が苦手なので、猫と暮らすことは難しそうです。他の犬には興味なく、どちらかといえば苦手な方ですが、相手の犬が大人しかったり、フレンドリーだったりした場合は問題ありません。相手の犬が興奮しやすかったり、落ち着きがないようなら、Brandyも苦手なようです。10代後半の子供達なら全く問題はないとは思いますが、あまりに小さい子供は刺激が強いので、一緒に暮らすことは薦められません。
彼女は現在Woodbury Common Outletの近くにある、Colby Kennels/Canine Sanctuaryというところに居ます。http://www.thecaninesanctuary.com/index.html
Adoption Hoursならいつでも会いにいけます。

連絡は、Colby Kennels (845-534-8414 / http://www.thecaninesanctuary.com) 
又は Maho at 201-460-1464

------------------------------



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
- 捨てられた動物たちが新しい家族に出会えるように
- 皆さんに彼らの事を知ってもらえるように

これが、このブログの目的です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

注意:上記のAdoption対象のワンちゃんネコちゃんについては、直接ケアをしている方に性格や注意事項を必ず確認の上、ご自身の判断でAdoptionをお決めください。
尚、本Blogでの情報に関する損害、事故については一切責任を負いかねますので、ご了承下さい。

[PR]
by nyshelter | 2006-11-13 10:56 | ボランティアのお仕事
闘犬として耳を切られているビット・ブルは度々1階のEveluation用スペースで何匹か見たことがある。
闘犬として、又その繁殖用に飼われていたわけだから、一般家庭のペットとして次の人生を迎えられるワンは皆無だと思う。
だから2階のAdoption用スペースには2度と姿を現すことなんてなかった。

しかーし!
今日初めて耳を切られているピットがAdoption用のケージにいるのを見た。

お昼前にShelterに来たので、今日はちょっと時間がある。
他のボランティアが誰も来てないので、全てのワンを少しでも外で散歩させようと決めた。

さて、’SKINNY MINNI’と名づけられたその耳を切られたピットの番になった。
正直ちょっと不安だった。
ちゃんと扱えるかなぁ、興奮して大変な事にならないかなぁ、ケージにはすんなり戻るかなぁ。

ピットの人懐っこい特徴だろうか、犬によっては頭や体をナデナデした後はジャンプしたりリーシュを噛んで引っ張ったりと突然興奮して遊びたがるワンもいる。
あまり興奮してくると手が付けられなくなるので、そんな時はケージに戻してしまう。
あまり歩かないで戻すのはかわいそうだから、最近はピットへのナデナデは様子を見ながらにしている。

SKINNY MINNIはというと、
とても素直に私に付いて歩き、頭や体を撫でるとジットしている。そして又付いて歩いてくる。
おとなしい。

よく見るとお乳が垂れ下がっている。
子犬を産んだばかりのようだ。でもStrayとなっているので、この母犬だけが保護されたみたいだ。
子犬たちはどうなってしまったんだろうか。
子犬を産んだから、もう用無しでSKINNY MINNIは捨てられてしまったのだろうか。

垂れ下がった重い乳房を抱えて、SKINNY MINNIはケージの中で子犬たちに思いをはせているのかな。
悲しいね。
人間だって、犬だって、どんな動物だって、母親と引き離された子、そして子と引き離された親は、どんなにどんなに悲しいことか。


●Featuring Dog●
a0085591_10471014.jpgAC&CのAdoption対象のワンちゃんです。
Name :SKINNY MINNI ♀
Breed :American Pit Bull Terrier MIX
Age  :2 yrs
Animal No:A682829

a0085591_10493681.jpg10/31現在、AC&CのマンハッタンShelterにいます。
詳細はNYC AC&Cで。Animal Noで問い合わせて下さい。








a0085591_1050920.jpgAC&CのAdoption対象のワンちゃんです。
Name :JOE-JOE ♂
Breed :SHIH TZU MIX
Age  :1 yrs
Animal No:A679403


a0085591_10525091.jpgよく吠えるからReturnされたみたい。私が歩いた時は一度も吠えなかったし、他のケージのワンにも吠えていませんでした。多分、新しい環境に対応している途中で飼い主があきらめてしまったのでは、と思われます。
それにまだ1歳だもん、理解してあげてほしかった。
10/31現在、AC&CのマンハッタンShelterにいます。
詳細はNYC AC&Cで。Animal Noで問い合わせて下さい。

------------------------------
【里親さん募集コーナー】
(Japan-Cat)
a0085591_9522273.gif名前:リキ
性別:男の子
年齢:子猫
詳細はこちらの日記で。片目のリキの幸せ探し

(NY-Dog)
a0085591_1030332.jpg名前:Brandy
性別:女の子
年齢:2-3歳
犬種:アメリカンピットブルテリア
色:ダークグレーのBrindleで、胸が白
体重:40パウンドほど
健康状態:優良、予防注射全て受けていて、去勢済み。

性格:とにかく人間が大好きで、初めて会った人でも全く恥ずかしがったり、怖がったりしません。人間なら男の人でも女の人でも誰でも大好きで、人間と一日一緒に居て遊んだり、甘えていたいタイプ。とても頭が良く、Obedienceのクラスでも、いつも訓練士が見本に使っていました。基本的な指示はしっかり出来ます。Gentle Leaderでハンドラーに沿って歩くこともしっかり出来ます。猫が苦手なので、猫と暮らすことは難しそうです。他の犬には興味なく、どちらかといえば苦手な方ですが、相手の犬が大人しかったり、フレンドリーだったりした場合は問題ありません。相手の犬が興奮しやすかったり、落ち着きがないようなら、Brandyも苦手なようです。10代後半の子供達なら全く問題はないとは思いますが、あまりに小さい子供は刺激が強いので、一緒に暮らすことは薦められません。
彼女は現在Woodbury Common Outletの近くにある、Colby Kennels/Canine Sanctuaryというところに居ます。http://www.thecaninesanctuary.com/index.html
Adoption Hoursならいつでも会いにいけます。

連絡は、Colby Kennels (845-534-8414 / http://www.thecaninesanctuary.com) 
又は Maho at 201-460-1464

------------------------------



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
- 捨てられた動物たちが新しい家族に出会えるように
- 皆さんに彼らの事を知ってもらえるように

これが、このブログの目的です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

注意:上記のAdoption対象のワンちゃんネコちゃんについては、直接ケアをしている方に性格や注意事項を必ず確認の上、ご自身の判断でAdoptionをお決めください。
尚、本Blogでの情報に関する損害、事故については一切責任を負いかねますので、ご了承下さい。

[PR]
by nyshelter | 2006-11-01 10:58 | ボランティアのお仕事
金曜はちょっと遠方まで用事があったので、6PMスタートのオリエンテーションには少し遅れて参加する事になった。

このオリエンテーションは一般的なボランティアのとは別にして、シェルターのワンたちを外で歩かせるためのものだ。

歩かせるといっても1st Avenueの110th Street から104th Streetのたった6ブロック。
一応の目的はAdoptionの促進だけど、このエリアでAdoptionを期待することはちょっと難しい。
それでも、ワンたちにとっては良い気分転換になるだろうから、シェルターの建物の中だけ歩くよりずっと嬉しいだろう。

この日の説明してくれたボランティアはLizという中年の女性。
Lizはいつからこの活動が始まったか、どうしてこれが必要か、などを丁寧に説明してくれた。
シェルターでやむをえなく処分されていく動物たちを語る時には涙声になる。
「実際直面するのはとてもつらい事。それでも、何もしないと何も変わらないのよ。」と言う。

もっともだ。

私もワンたちを歩く時、ブラッシングしてあげる時、ケージの外から鼻を撫でる時、いつも”この子たち、どうなってしまうのかなぁ”とついつい悲観的になってしまう。
それでも、こんな小さい事でもマイナスにはならないはず、と言い続ける。


打ち明けると、前回の大ネコAdoptionで(ネコに噛まれたのはまぁいいとして)、ちょっとイヤな思いとかしたので少し疲れ気味だった。
そして、その後軽い風邪も引いたりなんかした。
だから、今週末のオフサイトAdoptionは敢えてサインアップしなかった。

でも、このオリエンテーションに参加して、そしてシェルターの動物たちを見て、やっぱり時間のあるうちに少しでもお手伝いしようって思った。

来週はシェルターにワンたちを歩かせにいこう。



【里親さん募集コーナー】
(Japan-Cat)
a0085591_9522273.gif名前:リキ
性別:男の子
年齢:子猫
詳細はこちらの日記で。 片目のリキの幸せ探し

(NY-Dog)
a0085591_1030332.jpg名前:Brandy
性別:女の子
年齢:2-3歳
犬種:アメリカンピットブルテリア
色:ダークグレーのBrindleで、胸が白
体重:40パウンドほど
健康状態:優良、予防注射全て受けていて、去勢済み。

性格:とにかく人間が大好きで、初めて会った人でも全く恥ずかしがったり、怖がったりしません。人間なら男の人でも女の人でも誰でも大好きで、人間と一日一緒に居て遊んだり、甘えていたいタイプ。とても頭が良く、Obedienceのクラスでも、いつも訓練士が見本に使っていました。基本的な指示はしっかり出来ます。Gentle Leaderでハンドラーに沿って歩くこともしっかり出来ます。猫が苦手なので、猫と暮らすことは難しそうです。他の犬には興味なく、どちらかといえば苦手な方ですが、相手の犬が大人しかったり、フレンドリーだったりした場合は問題ありません。相手の犬が興奮しやすかったり、落ち着きがないようなら、Brandyも苦手なようです。10代後半の子供達なら全く問題はないとは思いますが、あまりに小さい子供は刺激が強いので、一緒に暮らすことは薦められません。
彼女は現在Woodbury Common Outletの近くにある、Colby Kennels/Canine Sanctuaryというところに居ます。http://www.thecaninesanctuary.com/index.html
Adoption Hoursならいつでも会いにいけます。

連絡は、Colby Kennels (845-534-8414 / http://www.thecaninesanctuary.com) 又は Maho at 201-460-1464



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
- 捨てられた動物たちが新しい家族に出会えるように
- 皆さんに彼らの事を知ってもらえるように

これが、このブログの目的です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

注意:上記のAdoption対象のワンちゃんネコちゃんについては、直接ケアをしている方に性格や注意事項を必ず確認の上、ご自身の判断でAdoptionをお決めください。
尚、本Blogでの情報に関する損害、事故については一切責任を負いかねますので、ご了承下さい。

[PR]
by nyshelter | 2006-10-22 04:31 | ボランティアのお仕事
10月14,15日に催されたCAT SHOWに併設されたCAT Adoptionイベントは大盛況でした。

私は日曜だけ参加しました。

AC&Cからは約40匹のネコちゃんが会場にやってきました。
a0085591_232645.jpg


NYC AC&CのほかにもNY、NJのShelterから多くのネコちゃんたちが新しい家族との出会いを求めてやってきていました。
中にはAC&Cからレスキューしたネコちゃんを連れてきていたShelterも。
これはワンちゃんにもネコちゃんにもよくあることで、Kill ShelterであるAC&Cから処理される前にレスキューしてくれる団体がかなりあるのです。
ありがたいことです。

正直私はネコを飼っていなので、扱いはあまりうまくありません。
ニャ~ンといっているネコを時々出して抱っこしてあげたりするのですが、居心地が悪いのかネコちゃんたちはしばらくすると腕から逃げようとします。
でも別の人のところに行くと、胸でゴロゴロしてたりなんかして...。
あと、機嫌の悪いネコちゃんに噛まれたりなんかして...。

40匹のニャンちゃんの中には5匹の子猫がいました。
また5週間。
a0085591_23142745.jpg


3匹がAdoptされていきました。
後の2匹(兄妹)は疲れたのか、そのうち一緒に寝てしまいました。
a0085591_23154040.jpg

天使のようですね。


土日の2日間でなんと60匹がAdoptされたそうです!

それでもまだまだ新しい家族を待ってるネコちゃんがたくさんいます。
NY近郊にお住まいの方でワンちゃんネコちゃんのAdoptionに興味のある方は、是非NYC AC&Cかお近くの動物シェルターを覗いてみてください。



【里親さん募集コーナー】
(Japan-Cat)
a0085591_9522273.gif名前:リキ
性別:男の子
年齢:子猫
詳細はこちらの日記で。 片目のリキの幸せ探し

(NY-Dog)
a0085591_1030332.jpg名前:Brandy
性別:女の子
年齢:2-3歳
犬種:アメリカンピットブルテリア
色:ダークグレーのBrindleで、胸が白
体重:40パウンドほど
健康状態:優良、予防注射全て受けていて、去勢済み。

性格:とにかく人間が大好きで、初めて会った人でも全く恥ずかしがったり、怖がったりしません。人間なら男の人でも女の人でも誰でも大好きで、人間と一日一緒に居て遊んだり、甘えていたいタイプ。とても頭が良く、Obedienceのクラスでも、いつも訓練士が見本に使っていました。基本的な指示はしっかり出来ます。Gentle Leaderでハンドラーに沿って歩くこともしっかり出来ます。猫が苦手なので、猫と暮らすことは難しそうです。他の犬には興味なく、どちらかといえば苦手な方ですが、相手の犬が大人しかったり、フレンドリーだったりした場合は問題ありません。相手の犬が興奮しやすかったり、落ち着きがないようなら、Brandyも苦手なようです。10代後半の子供達なら全く問題はないとは思いますが、あまりに小さい子供は刺激が強いので、一緒に暮らすことは薦められません。
彼女は現在Woodbury Common Outletの近くにある、Colby Kennels/Canine Sanctuaryというところに居ます。http://www.thecaninesanctuary.com/index.html
Adoption Hoursならいつでも会いにいけます。

連絡は、Colby Kennels (845-534-8414 / http://www.thecaninesanctuary.com) 又は Maho at 201-460-1464



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
- 捨てられた動物たちが新しい家族に出会えるように
- 皆さんに彼らの事を知ってもらえるように

これが、このブログの目的です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

注意:上記のAdoption対象のワンちゃんネコちゃんについては、直接ケアをしている方に性格や注意事項を必ず確認の上、ご自身の判断でAdoptionをお決めください。
尚、本Blogでの情報に関する損害、事故については一切責任を負いかねますので、ご了承下さい。

[PR]
by nyshelter | 2006-10-16 23:19 | ボランティアのお仕事

ボランティアのいない日

●Featuring Dog●
a0085591_8463989.jpgAC&CのAdoption対象のワンちゃんです。
Name :SMOKE ♂
Breed :Labrador Retriever Mix
Age  :5 mon
Animal No:A679772



a0085591_847912.jpg多分中型犬とのMIXだと思われます。体は小さめです。ラブラドールにありがちなSpunkyなところはあまりありません。10/10現在、AC&CのマンハッタンShelterにいます。
詳細はNYC AC&Cで。Animal Noで問い合わせて下さい。


------------------------------------

週末は多くのボランティアが来ているだろうから、普段祝日や週末は敢えてShelterには足を運ばない。
平日に行ける限りは平日に行こうと思っている。
10/10(火)はコロンバスDayの後だったので行ってみたら、驚くくらいにボランティアが誰もいなかった。
今までは少なくとも3人は2階のAdoptionコーナーで散歩させたりネコ舎の世話をしていたが、この日は私一人。

だからワンちゃんたちも5分の1程度が朝歩かせてもらえただけだった。

とにかく歩いてないワンちゃんたちを歩かせようと片っ端からテラスに出して歩かせた。
何匹かは性格がとても頑固でなかなかケージにもどらなかったり、マウントするのをやめなかったり、飛びついて手を噛み噛みしようとしたりで、ちょっと大変だった。

そんなワンちゃんたちのなか、今日は歩こうとしてもケージから出てこない犬が2匹。
1匹はとても怯えているようで、でもガルルとか凶暴な様子も無い。ただ怯えて震えて隅っこに寄って出てこないのだ。
Informationを見ると、もうAdoptionが決まっているらしい。
ホッとした。 あまり怖がらせたくないので、諦めた。
もう1匹は純血の茶色のチャウチャウで、顔に傷がある。Strayだったんだろう。
こっちはガルルというので最初はやめておいた。

他の犬を先に歩いて、チャウチャウをもう一度トライ。
もう唸りはしなかったけど、どうしても首輪をかけられるのがイヤらしい。
持ってたドライチキンをちょっとずつあげると、パクパク食べた。
その隙に、と試みたけどどうしても首輪がいやらしい。
結局このワンちゃんも出すのを諦めた。

15匹くらい歩いただろうか。 4時間くらい入れ替わり立ち代り歩き続けた。
もう時間ぎれなので、あと5匹くらいいたけどそこで終わった。

それでも日曜のAdoptionにいた上のFeaturing Dogの’SMOKE’は最後に少しだけだけど出してあげた。
日曜同様SKOMEはおとなしく一緒に歩いた。
チャウチャウMIXの’ONIX'はAdoptされたようだ。どこにも姿が見えなかった。
だから同じPuppyなのに残されているSMOKEが少しだけ哀れになった。
Blushingして頭とおなかをいっぱい撫でて鼻にキスしてからケージに戻した。
ケージにも黙って入り、その後寂しそうにこっちを見るSMOKEを見て、涙が出た。

このシチュエーションにはいつまでも慣れそうにない...。




【里親さん募集コーナー】
(Japan-Cat)
a0085591_9522273.gif名前:リキ
性別:男の子
年齢:子猫
詳細はこちらの日記で。 片目のリキの幸せ探し

(NY-Dog)
a0085591_1030332.jpg名前:Brandy
性別:女の子
年齢:2-3歳
犬種:アメリカンピットブルテリア
色:ダークグレーのBrindleで、胸が白
体重:40パウンドほど
健康状態:優良、予防注射全て受けていて、去勢済み。

性格:とにかく人間が大好きで、初めて会った人でも全く恥ずかしがったり、怖がったりしません。人間なら男の人でも女の人でも誰でも大好きで、人間と一日一緒に居て遊んだり、甘えていたいタイプ。とても頭が良く、Obedienceのクラスでも、いつも訓練士が見本に使っていました。基本的な指示はしっかり出来ます。Gentle Leaderでハンドラーに沿って歩くこともしっかり出来ます。猫が苦手なので、猫と暮らすことは難しそうです。他の犬には興味なく、どちらかといえば苦手な方ですが、相手の犬が大人しかったり、フレンドリーだったりした場合は問題ありません。相手の犬が興奮しやすかったり、落ち着きがないようなら、Brandyも苦手なようです。10代後半の子供達なら全く問題はないとは思いますが、あまりに小さい子供は刺激が強いので、一緒に暮らすことは薦められません。
彼女は現在Woodbury Common Outletの近くにある、Colby Kennels/Canine Sanctuaryというところに居ます。http://www.thecaninesanctuary.com/index.html
Adoption Hoursならいつでも会いにいけます。

連絡は、Colby Kennels (845-534-8414 / http://www.thecaninesanctuary.com) 又は Maho at 201-460-1464



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
- 捨てられた動物たちが新しい家族に出会えるように
- 皆さんに彼らの事を知ってもらえるように

これが、このブログの目的です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

注意:上記のAdoption対象のワンちゃんネコちゃんについては、直接ケアをしている方に性格や注意事項を必ず確認の上、ご自身の判断でAdoptionをお決めください。
尚、本Blogでの情報に関する損害、事故については一切責任を負いかねますので、ご了承下さい。

[PR]
by nyshelter | 2006-10-12 09:07 | ボランティアのお仕事
10月5~9日にかけてNY市内およびNJで催されたAdoptionイベント。
私は日曜のUpperEastSide(UPE)のボランティアに参加した。

UPEでは土日の両日開催され、2日ともCommerceBankがスポンサーとして場所を提供してくれた。
CommerceBankはペットフレンドリーで有名な銀行。
犬は勿論同伴できるし、ビスケットもカウンターに用意されている。
昔のTVコマーシャルでも、’Seinfield’に出てる女優さんが、大きなプードルを連れて堂々を銀行に入っていくという、ペットフレンドリーなコンセプトを全面の押し出しているものだった。

この日はNorthShoreレスキューセンターから借りた大きなバスにワンちゃんネコちゃんが総勢20匹ぐらいでやってきた。
天気も良かったので、ワンちゃん数匹は外に出した。
場所が85th@3rd Avenueということもあり、人通りが多くみんな立ち止まって見ていく。

あれよあれよという間に人だかり。
a0085591_020078.jpg


私が担当していたチャウチャウ犬のMIXの’ONIX’も大人気。
a0085591_021373.jpg

ONIXはまだ4ヶ月なのに随分落ち着いている。
なでなでするとジッと座っておとなしくしているし、お座りだってすぐ覚えた。
通る人通る人がみんな”カワイイ!”と触りに来ると、そのたびに嬉しそうに寄って行く。

また別に、ある若いカップルが4歳の白いワンちゃんについて、一緒に座ってしばらく過ごしたりそこら辺を歩いたりしてずーっとAdoptionしようか考えていて、結局考えるために家に帰った。
その後、その白いワンちゃんがとても寂しそうにしていたので、何ともいえない気持ちだったのだが、結局そのカップルはまだ戻ってきてAdoptionの申し込みをした。
2人をその間を歩くワンちゃんは、どことなく安心したような幸せそうな感じだった。
良かった。

かわいいチャウMIXのONIXは何人もがAdoptionしようか、と悩んでいた。
一人の女性は家族に聞いてみるとの事だったが電話に出ないので、今はできないなぁと悔しそうに帰っていった。
「犬を飼うのは簡単な事じゃないからご家族とよく話して、それでもOKだったらこの番号で問い合わせてください。」とAnimal#を教えた。

通りで偶然見かけて、かわいいからとAdoptするのは個人的にはどうかなぁと思う。
それよりもやっぱり今一度じっくり考えてみてほしい。
PublicでのAdoptionイベントは、実際Adoptしてもらう目的は勿論だけど、新しい家族を待っているこんなにかわいい動物たちがいるという事を知ってもらうためにもとても良い機会なのだ。

この日は外だったし、たくさんのワン&ニャンがいた事もあり、ワンちゃんは4匹ネコちゃんは5匹Adoptionされた。
大型犬もAdoptされたので、結構よい結果だったと思う。
ONIXは結局Adoptされなかったけど、Puppyだし処分される事はないし、カワイイのですぐ新しい家族が見つかると思う。

新しい家族にめぐりあえたワンちゃんネコちゃんが、幸せに過ごせますように。
この日めぐりあえなかった子達も、もうすぐめぐりあえますように。




【里親さん募集コーナー】
(Japan-Cat)
a0085591_9522273.gif名前:リキ
性別:男の子
年齢:子猫
詳細はこちらの日記で。 片目のリキの幸せ探し

(NY-Dog)
a0085591_1030332.jpg名前:Brandy
性別:女の子
年齢:2-3歳
犬種:アメリカンピットブルテリア
色:ダークグレーのBrindleで、胸が白
体重:40パウンドほど
健康状態:優良、予防注射全て受けていて、去勢済み。

性格:とにかく人間が大好きで、初めて会った人でも全く恥ずかしがったり、怖がったりしません。人間なら男の人でも女の人でも誰でも大好きで、人間と一日一緒に居て遊んだり、甘えていたいタイプ。とても頭が良く、Obedienceのクラスでも、いつも訓練士が見本に使っていました。基本的な指示はしっかり出来ます。Gentle Leaderでハンドラーに沿って歩くこともしっかり出来ます。猫が苦手なので、猫と暮らすことは難しそうです。他の犬には興味なく、どちらかといえば苦手な方ですが、相手の犬が大人しかったり、フレンドリーだったりした場合は問題ありません。相手の犬が興奮しやすかったり、落ち着きがないようなら、Brandyも苦手なようです。10代後半の子供達なら全く問題はないとは思いますが、あまりに小さい子供は刺激が強いので、一緒に暮らすことは薦められません。
彼女は現在Woodbury Common Outletの近くにある、Colby Kennels/Canine Sanctuaryというところに居ます。http://www.thecaninesanctuary.com/index.html
Adoption Hoursならいつでも会いにいけます。

連絡は、Colby Kennels (845-534-8414 / http://www.thecaninesanctuary.com) 又は Maho at 201-460-1464



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
- 捨てられた動物たちが新しい家族に出会えるように
- 皆さんに彼らの事を知ってもらえるように

これが、このブログの目的です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

注意:上記のAdoption対象のワンちゃんネコちゃんについては、直接ケアをしている方に性格や注意事項を必ず確認の上、ご自身の判断でAdoptionをお決めください。
尚、本Blogに関する情報による損害、事故については一切責任を負いかねますので、ご了承下さい。

[PR]
by nyshelter | 2006-10-10 00:48 | ボランティアのお仕事
●Featuring Dog●
a0085591_10371819.jpgAC&CのAdoption対象のワンちゃんです。
Name :BUTCH ♂
Breed :German Shepherd Mix
Age  :12 yrs
Animal No:A677572




a0085591_10393458.jpg12歳なので落ち着いてます。上の膝に顔を乗せた写真見てください。何とPeacefullな事!
ほんわかしてるのでお年寄りや小さい子供でもOKだと思います。(詳細はAC&Cに確認ください)あと、散歩も若い犬より時間が取られないので、時間の無い人は良いかもしれません。
9/26現在、AC&CのマンハッタンShelterにいます。
詳細はNYC AC&Cで。Animal Noで問い合わせて下さい。



今日、ワンちゃんのお散歩に午後から110thのシェルターに行った。

今日は2時間弱ぐらい8匹の犬を歩いたのだが、上のBUTCHのほかは若い犬ばっかりでちょっとSpunkyだった。
というのも私が悪いのかもしれない。
しばらく歩いた後、”キミたちを捨てた人間だけど嫌いにならないでね。”と願いを込めて、頭らや体をしばらくナデナデしてあげる。
どの犬も幸せそうにその間ジッとしている。
「じゃあ、またちょっと歩こうか!」とリーシュを持って歩き始めると、若いワンちゃんたちジャンプして体につかまるし、リーシュを咥えて引っ張りあいっこし始めるし、リーシュはどんどん持ち手のほうまで咥えてくるし、もう少しで手まで届いちゃうよ~。

でも嬉しがってやっているので、ガブッと噛まれるわけではない。

Indyがよくそうやって遊んでいたので(今もたまにやる)慣れているが、あんまり手までカプっとやられたくないので、興奮がおさまらないワンちゃんは早々にお散歩を切り上げた。

こんなワンちゃんが今日は3匹。

これって、やっぱり私のせいだよね???
いいのかなぁ、悪いのかなぁ...。


ところで、AC&Cの職員のおじさんに、「(前回のFeaturing Dogの)JITTERはどうした?」と尋ねると、
「あぁ、とっくにAdoptされたよ。」と教えてくれた。
「もう、ここでは人を噛んだりした問題のある犬以外は処分しない事になってるんだ。」とおじさんは続ける。

「でもこんなにケージが空いてるのに、みんなAdoptされてるの?」と又聞いた。
「みんなAdoptされるか、たまに職員が家の連れて帰るかのどっちかなんだよ。今は結構Adoptされる事が多くなったんだ。」と答える。

正直、捨てられるペットの数ってたまにニュースとかネットの記事で見ると半端じゃないのに、本当にそうなのかなぁ・・・と思った。
でも、今日歩いた1匹のワンちゃんは9/1からShelterにいるので、3週間たった今も処分がされていないのは事実だ。

これが本当だったら、あら、すごい進歩なんじゃない。
確かに去年から変わった新しいDirectorの女性はいろいろなPromotionを行っている。
家にもダイレクトメールがたまに届くようになった。
成果が顕著に現れているって事?

本当にそうだったら、嬉しいなぁ。



【里親さん募集コーナー】
(Japan-Cat)
a0085591_9522273.gif名前:リキ
性別:男の子
年齢:子猫
詳細はこちらの日記で。 片目のリキの幸せ探し

(NY-Dog)
a0085591_948482.jpg名前:Brandy
性別:女の子
年齢:2-3歳
犬種:アメリカンピットブルテリア
色:ダークグレーのBrindleで、胸が白
体重:40パウンドほど
健康状態:優良、予防注射全て受けていて、去勢済み。





性格:とにかく人間が大好きで、初めて会った人でも全く恥ずかしがったり、怖がったりしません。人間なら男の人でも女の人でも誰でも大好きで、人間と一日一緒に居て遊んだり、甘えていたいタイプ。とても頭が良く、Obedienceのクラスでも、いつも訓練士が見本に使っていました。基本的な指示はしっかり出来ます。Gentle Leaderでハンドラーに沿って歩くこともしっかり出来ます。猫が苦手なので、猫と暮らすことは難しそうです。他の犬には興味なく、どちらかといえば苦手な方ですが、相手の犬が大人しかったり、フレンドリーだったりした場合は問題ありません。相手の犬が興奮しやすかったり、落ち着きがないようなら、Brandyも苦手なようです。10代後半の子供達なら全く問題はないとは思いますが、あまりに小さい子供は刺激が強いので、一緒に暮らすことは薦められません。
彼女は現在Woodbury Common Outletの近くにある、Colby Kennels/Canine Sanctuaryというところに居ます。http://www.thecaninesanctuary.com/index.html
Adoption Hoursならいつでも会いにいけます。

連絡は、Colby Kennels (845-534-8414 / http://www.thecaninesanctuary.com) 又は Maho at 201-460-1464

(NY-Cat)
a0085591_9505391.jpg名前:Mimiちゃん
その他:道でさまよっていた子猫です。一時里親さんの下で保護されています。
連絡先:ny-shelter@hotmail.comまで


注意:上記のAdoption対象のワンちゃんネコちゃんについては、直接ケアをしている方に性格や注意事項を必ず確認の上、ご自身の判断でAdoptionをお決めください。
尚、本Blogに関する情報による損害、事故については一切責任を負えませんので、ご了承願います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
- 捨てられた動物たちが新しい家族に出会えるように
- 皆さんに彼らの事を知ってもらえるように

これが、このブログの目的です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[PR]
by nyshelter | 2006-09-27 11:03 | ボランティアのお仕事