NY市の動物シェルター(Animal Care&Control)でのボランティア日誌


by NYshelter
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Adoptionイベント @AC&C

E110th StreetにNYC Animal Care&Controlはある。
知ってる人は知っているが、何気に知らない人は多いらしい。

だからかどうかわからないけど、今週末は当館でAdoptionイベントが行われた。
いつでもAdoptionは開放してるのだけど、多分プロモーションなのかなぁ。

私は土曜日の12PMから行った。
すでにたくさんのボランティアとたくさんの来訪者たち。
実はボランティアとして週末来たのは始めてなので、こんなに盛況なのは特別なイベントのためかいつもそうなのかわからない。

平日には(多分偶然)あまり見ないカワイイ小型犬もいっぱいいたりなんかする。
あれれ?こんなにいつもはいないのになぁ。
やたらきれいですごくハンサムなコッカースパニエルなんかもいた。
どうしちゃったんだろう...と思うまもなくAdoptされていった。

1匹のパピヨンがいて、知ったボランティアに歩かせてもらっていた。
その横を別のワンが通ったら、すごく吠え出して、近くにいた私のスネをガブ!
普通に買われている犬もかなりな確立でDog Aggressive(他の犬に対して攻撃的)な事が多いが、ここのワンもたまにそうだったりする。
ただこのような小型犬は例えそういう問題があってもAdoptされる率も高いし大怪我させる大問題にもならないので、ここではAdoptionの対象にしてるようだ。
でも中型大型犬だったらまず処分されてしまうのだ。

スネは内出血の塊ができていた。
まあ、こんなことは実はボランティア中でもプライベートでもよくあったりするので、どうってことも無いんですけどね。


いい事なんだけどあまりにもボランティアが多いので、ワンを散歩させる場所がない。
なので、’Adopt Me!’のベストを着せて、始めて外に散歩に行った。

ワンたちは最初は大興奮で引っ張りまくる。
あまりにも元気なワンとはしばらく一緒に走ったりもした。 (>>>ちょっと汗だく)
それでも数ブロック一緒にいた後は、すっかり落ち着いて普通に本当に普通の飼い犬みたいに歩く。

「そうだよ。この子たちはちょっと前まで普通にこうやって飼われていたはずなんだよ。」と思ったら、また悲しくなってきてしまった。

グスグスしていると、「その犬咬まない?」と聞いてきたご近所な若い男性。
「Adoption対象な犬はみんなチェック済みだから大丈夫。それにこの子はものすごくSweetだよ。」と答えた。
本当に人間大好きなRachelという中型のその子は嬉しそうにその男性に寄って行って頭をなででもらっていた。

「うちの母ちゃんが怖いからイヤだっていうんだよねー。僕は飼いたいんだけど。」と言う。
「ちいさいのもいっぱいますよ。それにこの子みたいだったらすごくgentleで扱いやすいと思う。飼う段階になったら是非そこのAdoptionセンターに行ってね。」と私。
「うん、絶対そうする。」


走ったりしてパワーを使い果たしてしまったので、予定より早く切り上げた。
下のロビーを通ると、Adoptionの申し込みのために長い列ができていた。

嬉しかった。


------------------------------

【里親さん募集コーナー】
(Japan-Cat)
a0085591_9522273.gif名前:リキ
性別:男の子
年齢:子猫
詳細はこちらの日記で。片目のリキの幸せ探し

(NY-Dog)
a0085591_1030332.jpg名前:Brandy
性別:女の子
年齢:2-3歳
犬種:アメリカンピットブルテリア
色:ダークグレーのBrindleで、胸が白
体重:40パウンドほど
健康状態:優良、予防注射全て受けていて、去勢済み。

性格:とにかく人間が大好きで、初めて会った人でも全く恥ずかしがったり、怖がったりしません。人間なら男の人でも女の人でも誰でも大好きで、人間と一日一緒に居て遊んだり、甘えていたいタイプ。とても頭が良く、Obedienceのクラスでも、いつも訓練士が見本に使っていました。基本的な指示はしっかり出来ます。Gentle Leaderでハンドラーに沿って歩くこともしっかり出来ます。猫が苦手なので、猫と暮らすことは難しそうです。他の犬には興味なく、どちらかといえば苦手な方ですが、相手の犬が大人しかったり、フレンドリーだったりした場合は問題ありません。相手の犬が興奮しやすかったり、落ち着きがないようなら、Brandyも苦手なようです。10代後半の子供達なら全く問題はないとは思いますが、あまりに小さい子供は刺激が強いので、一緒に暮らすことは薦められません。
彼女は現在Woodbury Common Outletの近くにある、Colby Kennels/Canine Sanctuaryというところに居ます。http://www.thecaninesanctuary.com/index.html
Adoption Hoursならいつでも会いにいけます。

連絡は、Colby Kennels (845-534-8414 / http://www.thecaninesanctuary.com) 
又は Maho at 201-460-1464

------------------------------



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
- 捨てられた動物たちが新しい家族に出会えるように
- 皆さんに彼らの事を知ってもらえるように

これが、このブログの目的です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

注意:上記のAdoption対象のワンちゃんネコちゃんについては、直接ケアをしている方に性格や注意事項を必ず確認の上、ご自身の判断でAdoptionをお決めください。
尚、本Blogでの情報に関する損害、事故については一切責任を負いかねますので、ご了承下さい。

[PR]
by nyshelter | 2006-11-27 11:50 | ボランティアのお仕事