NY市の動物シェルター(Animal Care&Control)でのボランティア日誌


by NYshelter
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

耳を切られたピット・ブル

闘犬として耳を切られているビット・ブルは度々1階のEveluation用スペースで何匹か見たことがある。
闘犬として、又その繁殖用に飼われていたわけだから、一般家庭のペットとして次の人生を迎えられるワンは皆無だと思う。
だから2階のAdoption用スペースには2度と姿を現すことなんてなかった。

しかーし!
今日初めて耳を切られているピットがAdoption用のケージにいるのを見た。

お昼前にShelterに来たので、今日はちょっと時間がある。
他のボランティアが誰も来てないので、全てのワンを少しでも外で散歩させようと決めた。

さて、’SKINNY MINNI’と名づけられたその耳を切られたピットの番になった。
正直ちょっと不安だった。
ちゃんと扱えるかなぁ、興奮して大変な事にならないかなぁ、ケージにはすんなり戻るかなぁ。

ピットの人懐っこい特徴だろうか、犬によっては頭や体をナデナデした後はジャンプしたりリーシュを噛んで引っ張ったりと突然興奮して遊びたがるワンもいる。
あまり興奮してくると手が付けられなくなるので、そんな時はケージに戻してしまう。
あまり歩かないで戻すのはかわいそうだから、最近はピットへのナデナデは様子を見ながらにしている。

SKINNY MINNIはというと、
とても素直に私に付いて歩き、頭や体を撫でるとジットしている。そして又付いて歩いてくる。
おとなしい。

よく見るとお乳が垂れ下がっている。
子犬を産んだばかりのようだ。でもStrayとなっているので、この母犬だけが保護されたみたいだ。
子犬たちはどうなってしまったんだろうか。
子犬を産んだから、もう用無しでSKINNY MINNIは捨てられてしまったのだろうか。

垂れ下がった重い乳房を抱えて、SKINNY MINNIはケージの中で子犬たちに思いをはせているのかな。
悲しいね。
人間だって、犬だって、どんな動物だって、母親と引き離された子、そして子と引き離された親は、どんなにどんなに悲しいことか。


●Featuring Dog●
a0085591_10471014.jpgAC&CのAdoption対象のワンちゃんです。
Name :SKINNY MINNI ♀
Breed :American Pit Bull Terrier MIX
Age  :2 yrs
Animal No:A682829

a0085591_10493681.jpg10/31現在、AC&CのマンハッタンShelterにいます。
詳細はNYC AC&Cで。Animal Noで問い合わせて下さい。








a0085591_1050920.jpgAC&CのAdoption対象のワンちゃんです。
Name :JOE-JOE ♂
Breed :SHIH TZU MIX
Age  :1 yrs
Animal No:A679403


a0085591_10525091.jpgよく吠えるからReturnされたみたい。私が歩いた時は一度も吠えなかったし、他のケージのワンにも吠えていませんでした。多分、新しい環境に対応している途中で飼い主があきらめてしまったのでは、と思われます。
それにまだ1歳だもん、理解してあげてほしかった。
10/31現在、AC&CのマンハッタンShelterにいます。
詳細はNYC AC&Cで。Animal Noで問い合わせて下さい。

------------------------------
【里親さん募集コーナー】
(Japan-Cat)
a0085591_9522273.gif名前:リキ
性別:男の子
年齢:子猫
詳細はこちらの日記で。片目のリキの幸せ探し

(NY-Dog)
a0085591_1030332.jpg名前:Brandy
性別:女の子
年齢:2-3歳
犬種:アメリカンピットブルテリア
色:ダークグレーのBrindleで、胸が白
体重:40パウンドほど
健康状態:優良、予防注射全て受けていて、去勢済み。

性格:とにかく人間が大好きで、初めて会った人でも全く恥ずかしがったり、怖がったりしません。人間なら男の人でも女の人でも誰でも大好きで、人間と一日一緒に居て遊んだり、甘えていたいタイプ。とても頭が良く、Obedienceのクラスでも、いつも訓練士が見本に使っていました。基本的な指示はしっかり出来ます。Gentle Leaderでハンドラーに沿って歩くこともしっかり出来ます。猫が苦手なので、猫と暮らすことは難しそうです。他の犬には興味なく、どちらかといえば苦手な方ですが、相手の犬が大人しかったり、フレンドリーだったりした場合は問題ありません。相手の犬が興奮しやすかったり、落ち着きがないようなら、Brandyも苦手なようです。10代後半の子供達なら全く問題はないとは思いますが、あまりに小さい子供は刺激が強いので、一緒に暮らすことは薦められません。
彼女は現在Woodbury Common Outletの近くにある、Colby Kennels/Canine Sanctuaryというところに居ます。http://www.thecaninesanctuary.com/index.html
Adoption Hoursならいつでも会いにいけます。

連絡は、Colby Kennels (845-534-8414 / http://www.thecaninesanctuary.com) 
又は Maho at 201-460-1464

------------------------------



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
- 捨てられた動物たちが新しい家族に出会えるように
- 皆さんに彼らの事を知ってもらえるように

これが、このブログの目的です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

注意:上記のAdoption対象のワンちゃんネコちゃんについては、直接ケアをしている方に性格や注意事項を必ず確認の上、ご自身の判断でAdoptionをお決めください。
尚、本Blogでの情報に関する損害、事故については一切責任を負いかねますので、ご了承下さい。

[PR]
by nyshelter | 2006-11-01 10:58 | ボランティアのお仕事