NY市の動物シェルター(Animal Care&Control)でのボランティア日誌


by NYshelter
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ボランティアのいない日

●Featuring Dog●
a0085591_8463989.jpgAC&CのAdoption対象のワンちゃんです。
Name :SMOKE ♂
Breed :Labrador Retriever Mix
Age  :5 mon
Animal No:A679772



a0085591_847912.jpg多分中型犬とのMIXだと思われます。体は小さめです。ラブラドールにありがちなSpunkyなところはあまりありません。10/10現在、AC&CのマンハッタンShelterにいます。
詳細はNYC AC&Cで。Animal Noで問い合わせて下さい。


------------------------------------

週末は多くのボランティアが来ているだろうから、普段祝日や週末は敢えてShelterには足を運ばない。
平日に行ける限りは平日に行こうと思っている。
10/10(火)はコロンバスDayの後だったので行ってみたら、驚くくらいにボランティアが誰もいなかった。
今までは少なくとも3人は2階のAdoptionコーナーで散歩させたりネコ舎の世話をしていたが、この日は私一人。

だからワンちゃんたちも5分の1程度が朝歩かせてもらえただけだった。

とにかく歩いてないワンちゃんたちを歩かせようと片っ端からテラスに出して歩かせた。
何匹かは性格がとても頑固でなかなかケージにもどらなかったり、マウントするのをやめなかったり、飛びついて手を噛み噛みしようとしたりで、ちょっと大変だった。

そんなワンちゃんたちのなか、今日は歩こうとしてもケージから出てこない犬が2匹。
1匹はとても怯えているようで、でもガルルとか凶暴な様子も無い。ただ怯えて震えて隅っこに寄って出てこないのだ。
Informationを見ると、もうAdoptionが決まっているらしい。
ホッとした。 あまり怖がらせたくないので、諦めた。
もう1匹は純血の茶色のチャウチャウで、顔に傷がある。Strayだったんだろう。
こっちはガルルというので最初はやめておいた。

他の犬を先に歩いて、チャウチャウをもう一度トライ。
もう唸りはしなかったけど、どうしても首輪をかけられるのがイヤらしい。
持ってたドライチキンをちょっとずつあげると、パクパク食べた。
その隙に、と試みたけどどうしても首輪がいやらしい。
結局このワンちゃんも出すのを諦めた。

15匹くらい歩いただろうか。 4時間くらい入れ替わり立ち代り歩き続けた。
もう時間ぎれなので、あと5匹くらいいたけどそこで終わった。

それでも日曜のAdoptionにいた上のFeaturing Dogの’SMOKE’は最後に少しだけだけど出してあげた。
日曜同様SKOMEはおとなしく一緒に歩いた。
チャウチャウMIXの’ONIX'はAdoptされたようだ。どこにも姿が見えなかった。
だから同じPuppyなのに残されているSMOKEが少しだけ哀れになった。
Blushingして頭とおなかをいっぱい撫でて鼻にキスしてからケージに戻した。
ケージにも黙って入り、その後寂しそうにこっちを見るSMOKEを見て、涙が出た。

このシチュエーションにはいつまでも慣れそうにない...。




【里親さん募集コーナー】
(Japan-Cat)
a0085591_9522273.gif名前:リキ
性別:男の子
年齢:子猫
詳細はこちらの日記で。 片目のリキの幸せ探し

(NY-Dog)
a0085591_1030332.jpg名前:Brandy
性別:女の子
年齢:2-3歳
犬種:アメリカンピットブルテリア
色:ダークグレーのBrindleで、胸が白
体重:40パウンドほど
健康状態:優良、予防注射全て受けていて、去勢済み。

性格:とにかく人間が大好きで、初めて会った人でも全く恥ずかしがったり、怖がったりしません。人間なら男の人でも女の人でも誰でも大好きで、人間と一日一緒に居て遊んだり、甘えていたいタイプ。とても頭が良く、Obedienceのクラスでも、いつも訓練士が見本に使っていました。基本的な指示はしっかり出来ます。Gentle Leaderでハンドラーに沿って歩くこともしっかり出来ます。猫が苦手なので、猫と暮らすことは難しそうです。他の犬には興味なく、どちらかといえば苦手な方ですが、相手の犬が大人しかったり、フレンドリーだったりした場合は問題ありません。相手の犬が興奮しやすかったり、落ち着きがないようなら、Brandyも苦手なようです。10代後半の子供達なら全く問題はないとは思いますが、あまりに小さい子供は刺激が強いので、一緒に暮らすことは薦められません。
彼女は現在Woodbury Common Outletの近くにある、Colby Kennels/Canine Sanctuaryというところに居ます。http://www.thecaninesanctuary.com/index.html
Adoption Hoursならいつでも会いにいけます。

連絡は、Colby Kennels (845-534-8414 / http://www.thecaninesanctuary.com) 又は Maho at 201-460-1464



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
- 捨てられた動物たちが新しい家族に出会えるように
- 皆さんに彼らの事を知ってもらえるように

これが、このブログの目的です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

注意:上記のAdoption対象のワンちゃんネコちゃんについては、直接ケアをしている方に性格や注意事項を必ず確認の上、ご自身の判断でAdoptionをお決めください。
尚、本Blogでの情報に関する損害、事故については一切責任を負いかねますので、ご了承下さい。

[PR]
by nyshelter | 2006-10-12 09:07 | ボランティアのお仕事