NY市の動物シェルター(Animal Care&Control)でのボランティア日誌


by NYshelter
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

大盛況!Adoptionイベント@UpperEastSide

10月5~9日にかけてNY市内およびNJで催されたAdoptionイベント。
私は日曜のUpperEastSide(UPE)のボランティアに参加した。

UPEでは土日の両日開催され、2日ともCommerceBankがスポンサーとして場所を提供してくれた。
CommerceBankはペットフレンドリーで有名な銀行。
犬は勿論同伴できるし、ビスケットもカウンターに用意されている。
昔のTVコマーシャルでも、’Seinfield’に出てる女優さんが、大きなプードルを連れて堂々を銀行に入っていくという、ペットフレンドリーなコンセプトを全面の押し出しているものだった。

この日はNorthShoreレスキューセンターから借りた大きなバスにワンちゃんネコちゃんが総勢20匹ぐらいでやってきた。
天気も良かったので、ワンちゃん数匹は外に出した。
場所が85th@3rd Avenueということもあり、人通りが多くみんな立ち止まって見ていく。

あれよあれよという間に人だかり。
a0085591_020078.jpg


私が担当していたチャウチャウ犬のMIXの’ONIX’も大人気。
a0085591_021373.jpg

ONIXはまだ4ヶ月なのに随分落ち着いている。
なでなでするとジッと座っておとなしくしているし、お座りだってすぐ覚えた。
通る人通る人がみんな”カワイイ!”と触りに来ると、そのたびに嬉しそうに寄って行く。

また別に、ある若いカップルが4歳の白いワンちゃんについて、一緒に座ってしばらく過ごしたりそこら辺を歩いたりしてずーっとAdoptionしようか考えていて、結局考えるために家に帰った。
その後、その白いワンちゃんがとても寂しそうにしていたので、何ともいえない気持ちだったのだが、結局そのカップルはまだ戻ってきてAdoptionの申し込みをした。
2人をその間を歩くワンちゃんは、どことなく安心したような幸せそうな感じだった。
良かった。

かわいいチャウMIXのONIXは何人もがAdoptionしようか、と悩んでいた。
一人の女性は家族に聞いてみるとの事だったが電話に出ないので、今はできないなぁと悔しそうに帰っていった。
「犬を飼うのは簡単な事じゃないからご家族とよく話して、それでもOKだったらこの番号で問い合わせてください。」とAnimal#を教えた。

通りで偶然見かけて、かわいいからとAdoptするのは個人的にはどうかなぁと思う。
それよりもやっぱり今一度じっくり考えてみてほしい。
PublicでのAdoptionイベントは、実際Adoptしてもらう目的は勿論だけど、新しい家族を待っているこんなにかわいい動物たちがいるという事を知ってもらうためにもとても良い機会なのだ。

この日は外だったし、たくさんのワン&ニャンがいた事もあり、ワンちゃんは4匹ネコちゃんは5匹Adoptionされた。
大型犬もAdoptされたので、結構よい結果だったと思う。
ONIXは結局Adoptされなかったけど、Puppyだし処分される事はないし、カワイイのですぐ新しい家族が見つかると思う。

新しい家族にめぐりあえたワンちゃんネコちゃんが、幸せに過ごせますように。
この日めぐりあえなかった子達も、もうすぐめぐりあえますように。




【里親さん募集コーナー】
(Japan-Cat)
a0085591_9522273.gif名前:リキ
性別:男の子
年齢:子猫
詳細はこちらの日記で。 片目のリキの幸せ探し

(NY-Dog)
a0085591_1030332.jpg名前:Brandy
性別:女の子
年齢:2-3歳
犬種:アメリカンピットブルテリア
色:ダークグレーのBrindleで、胸が白
体重:40パウンドほど
健康状態:優良、予防注射全て受けていて、去勢済み。

性格:とにかく人間が大好きで、初めて会った人でも全く恥ずかしがったり、怖がったりしません。人間なら男の人でも女の人でも誰でも大好きで、人間と一日一緒に居て遊んだり、甘えていたいタイプ。とても頭が良く、Obedienceのクラスでも、いつも訓練士が見本に使っていました。基本的な指示はしっかり出来ます。Gentle Leaderでハンドラーに沿って歩くこともしっかり出来ます。猫が苦手なので、猫と暮らすことは難しそうです。他の犬には興味なく、どちらかといえば苦手な方ですが、相手の犬が大人しかったり、フレンドリーだったりした場合は問題ありません。相手の犬が興奮しやすかったり、落ち着きがないようなら、Brandyも苦手なようです。10代後半の子供達なら全く問題はないとは思いますが、あまりに小さい子供は刺激が強いので、一緒に暮らすことは薦められません。
彼女は現在Woodbury Common Outletの近くにある、Colby Kennels/Canine Sanctuaryというところに居ます。http://www.thecaninesanctuary.com/index.html
Adoption Hoursならいつでも会いにいけます。

連絡は、Colby Kennels (845-534-8414 / http://www.thecaninesanctuary.com) 又は Maho at 201-460-1464



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
- 捨てられた動物たちが新しい家族に出会えるように
- 皆さんに彼らの事を知ってもらえるように

これが、このブログの目的です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

注意:上記のAdoption対象のワンちゃんネコちゃんについては、直接ケアをしている方に性格や注意事項を必ず確認の上、ご自身の判断でAdoptionをお決めください。
尚、本Blogに関する情報による損害、事故については一切責任を負いかねますので、ご了承下さい。

[PR]
by nyshelter | 2006-10-10 00:48 | ボランティアのお仕事