NY市の動物シェルター(Animal Care&Control)でのボランティア日誌


by NYshelter
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

やっときたお知らせ

仕事を辞めて旅行から戻り時間もある事だし、前から思っていたシェルターでのボランティアをしようと決めた。

NYにはいくつかのシェルターがあるが、家から近いのはこの2つ。
ASPCA
New York Animal Care & Control

ASPCAは非営利の民間運営の動物保護団体で、WebSiteでもわかるようにかなりしっかりした組織だ。
AC&CはNewYork市により運営されていて、日本でいうと各自治体の保健所と同じだ。
AC&CのほうはKill Shelterだ。
場所も予算も限りがあるので、収まりきれない動物たちは処理されていく。

どちらにしようか最初に考えた。
ASPCAのほうが家から近いので地下鉄代を払わなくて良い。そして、ここでは動物たちは殺される事は無い。
でも、私はAC&Cのほうを選んだ。
理由はただひとつ。
Indyがここから来たからだ。

Indyのように処分される前に助けられる事が可能なら、小さいことでも手伝いたいと思った。
そして、多分それが無理でも少しでも気持ちよく彼らが過ごせるように、自分の時間をそのために使いたいと思った。

と意気込んで5月初めに申し込んだはいいが、全く連絡がない。
あれれ、もうボランティアがいっぱいいるから別にいらないのかなぁ・・・。

と思っていたら、先週メールが来た。
”オリエンテーションがあるので、以下の日時にご参加ください。”

おぉー、今頃来たか。

という事で、私のボランティア活動への参加がいよいよ始まったのである。


なるだけPublicに宣伝したいため、本Blogはリンクフリー、くちコミフリー、なんでもございです。
皆様、どうぞ宜しくお願いします。
[PR]
by NYshelter | 2006-09-16 09:12 | お知らせ